放課後等デイサービス検索ポータルサイト

放課後等デイサービスナビ

子供たちのより良い環境のために、
良い施設情報をご提供します。

放ナビコラム

放課後等デイサービスの利用料金はどのくらい?

放課後等デイサービスの施設の選び方や利用料金はこれから利用を検討している保護者のみなさまにとって、とても重要なことですね。今日は放課後等デイサービスを利用するにあたり必要な費用のお話をしたいと思います。

放課後等デイサービスを1日利用すると7,500円から12,000円程かかります。(地域や個人、利用施設によって差があります。)
1日でこの利用料金⁈と驚かれた方が多いと思いますが、そのうちの9割は自治体が負担してくれるので実際には1割負担で750円〜1,200円前後が一日の利用料金となります。
さらに一年間の世帯所得によって上限金額が設定されています。

下の表をご覧ください。
上限表

※生活保護や低所得など非課税世帯は0円で利用できます。

上限金額を超えた場合には、その後どれだけ使っても利用料金が変わらないので安心です。

上限金額よりも利用料金が少額だった場合には使った分をそのまま支払います。
兄弟(双子を含む)で利用の場合には条件により割引になる場合があります。

具体例として年間の世帯の所得が違う2人、A君(世帯所得890万円まで)と、B君(世帯所得890万円以上)で比較してみたいと思います。
例えば1日の利用料が分かりやすく1,000円だったとして、月に10回利用したとします。
1,000円×月10回=10,000円
となります。

A君は利用料金の上限金額が4,600円なので10回利用で10,000円だとしても1ヶ月の支払い金額は4,600円となります。
15回や20回利用したとしても、支払う金額は4,600円です。
もし上限金額に到達しなかった場合、例えば3回の利用の場合は、1,000円×3日の3,000円が利用料金となります。

B君は37,200円が上限金額となります。
この場合は10回の利用料金10,000円が支払い金額となります。
例えば月に25日利用したとしても25,000円なので37,200円の上限には届きません。
この区分にあてはまる世帯の方は使った日にち分がそのまま利用料金になる場合が多いです。

上限金額

また、2ヶ所以上の施設を利用の場合、
すべての施設を上限金額で利用が可能です。
A君の場合上限金額は4,600円となり、2つの施設を利用したとしても2施設を合計4,600円で利用可能です。
定員がいっぱいで施設を併用する場合や、新しい刺激をということで別の施設を利用したいなどと複数の施設を利用する際には助かりますね。

複数施設利用の場合

地域によっては890万円まで、以上以外にも所得によって上限金額の設定がある場合があり4,600円と37,200円の間に、(1,5000円)上限金額を設定している地域もあります。

また、施設を利用するにあたり上で説明した1日の利用料金とは別に、おやつ代(1日あたり100円前後くらいのところが多いです、無料の施設もあります)やイベント参加時(遠足や創作活動費など)に実費で追加料金が必要になる場合があります。

利用料金の支払いについては、1ヶ月利用した分を末で締めて、翌月の中旬ごろに各施設から請求書が届き、施設の指定方法(集金袋に現金をいれて施設に、もしくは口座引き落としに等)に沿って支払います。
上限金額について分からない場合には、市区町村の自治体へお問い合わせいただくか、受給者証を既に発行されている場合は記載があるのでご確認ください。

放課後等デイサービスの利用料金は全国一律ではないのと、おやつ代やイベント費用については施設が独自に設定できるので、詳しく知りたい方は、施設に見学や体験、電話などでも問い合わせが可能ですので、気になる施設には気軽に問い合わせてみましょう。

施設利用にあたってのおおよその金額はお分りいただけましたでしょうか。
放課後等デイサービスを利用検討中の皆さまや既にご利用中の皆さまの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る